男根を祀るお祭り 

男根を祀るお祭りが、
これは、豊作と子孫繁栄を祀るための儀式と思われる。
浅はかな見識を持つものは侮蔑を持つだろうが、
性というのは、もっとも大きなエネルギーをもつものである。
性的に禁欲された社会は暴力的な社会をもつようになる。
ヒステリー、暴言、批判性を及ぶようになり、
自我が強くなる。
逆に性的に開放された社会は安定的な社会になる。

この祭りは、私の見たところ、男根に気が集まっていると思われる。
この気を周囲の土地に豊作をもたらせるのではないかと。

子孫繁栄しない国はやがて滅びる。
色に乱れきた社会は他国の侵略を受けて、必ず滅びる。

日本人の色は乱れきているので、
邪気が集まり、天候が不安的にもたらす。
台風、雷、大雪。

多くの人間は六道輪廻から逃れない。
戦争、犯罪のある世界から逃れないのだよ・・・・。

欲望に忠実で、思考すらしない現代人。

グルジェフは次のことを言っている。
牢獄から自由になるためには、 まず牢獄にいることに気づかなければならない

だから、私は超人となり、涅槃(美女、美少女)の国に入るぅぅぅぅのだぁぁぁぁぁ!!


DSCF0993s.jpg

うひょおおおおお!!!
涅槃に入り、天女様とイチャイチャするのだーーー!!!
極楽、天国、パラダイスぅぅぅぅぅ


評価していただけるなら拍手の方をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/920-0a889db9