神智学について 

神智学については、グルジェフが

批判しているが、これは神智学協会のことと思われる。

私も具体的には知らないが、

協会のメンバーが大師たちの権威を利用しているみたいな記述を

アリスベイリー関連で見たような気がする。

ブラヴァツキーが大師たちの存在を知らさなければよかったと記述をみたが、

まあ、どこの大学や協会などは権威を誇示することはよくあることだ。


ひふみ神示
この道は宗教(をしへ)ではないぞ、教会ではないぞ、
道ざから、今までの様な教会作らせんぞ。
道とは臣民に神が満ちることぞ、金儲けさせんぞ、

ひふみ神示 
何処の教会も元はよいのであるが、
取次役員がワヤにしてゐるのぞ、今の様(さま)は何事ぞ。

ひふみ神示
今迄の様な宗教や教の集団(ツドヒ)はつぶれて了ふぞ、
神がつぶすのではないぞ、自分でつぶれるのざぞ、
早うこの神示、魂にしてマコトの道に生きてくれよ、


神智学といっても、いろいろあるが、

その人が書いた著書を読むことを推奨する。

アリスベイリーとルドルフシュタイナーは

神智学を初期に入会していたたけで、

教えはちがうのだけど・・・・。

私の場合、混合しているので、

神智学とカテゴリーをしていますがそこらへんは悪しからずご承知おきください。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/960-ccdd00b8