ルドルフシュタイナーの著書について 

日本人が翻訳したルドルフシュタイナーの著書を読んでも、

多くはその内容が理解不能なわけは、

シュタイナーはもっとわかりやすく書くことはできたが、

読者の思考力を鍛えるために

わざとドイツ語でわかりにく書いている。

この翻訳でシュタイナーの著作の理解できないために

自らの解釈で書いているため、意味不明な翻訳になっている。

高橋 巌氏や西川 隆範氏が推奨されるが、

アマゾンで検索か・・・


筑摩書房

で販売しているものを買われると良いだろう。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/972-acc6307a