大多数の異星人は「星の内部」に居住区を作る 

異星人にもいろいろいるのだが、
大多数の異星人は「星の内部」に居住区を作る。

おそらく、科学が発達したため、
皮膚組織が弱くなり、
紫外線などの太陽光にあたると、
皮膚組織が破壊されるのであろう。

地球人に転生してくる、異星人は地球人になるための訓練をうけないと、
そのまま、地球の地上にでてくると、死亡してしまう。

古い異星人のタイプだと、シュメール文明から地球に降り立ったのだが、
これが、神話となっている、

半獣半人は異星人であり、
地球人がエーテル視力を得た時に、
その異星人を神と表現した。

異星人の中には、科学が発達しているのだが、
知性が発達したが、
感情が衰えていると思われる。

ロボット人間みたいな存在や、
地球に転生してくると、
異常に暴力的になったりする。

異星人がワクワクしなさいとか・・・
霊的質料(エネルギー)を集めているのは、
おそれく、体内に取り入れていると思われる。

ロバート・モンロー氏の著書で、
インスペックスと呼ぶ知的生命体を通して知ったこととして、
「ルーシュ」の話が出てくる。

宇宙の「補食」のシステムとは、要するに、全体として、
宇宙または宇宙に生きる生命体が活動して行くために、
必要とされる「エネルギー循環」のことにほかならない。
「ルーシュ」というのは、その宇宙全体を動かして行くための、
効率の良い「燃料」というほどの意味である。
そして、宇宙全体にとって、その「ルーシュ」生産の要となるのが、
人間という、肉体と意識を有する存在なのである。

要するに、人間を、より「分裂」した状態におき、
「達成不可能な欲望」を植え込むど、苦痛や葛藤が、より強烈で深刻であるほど、
宇宙全体にとって、効率の良い「ルーシュ」となるというのである。
そのようなことを通して、宇宙全体に、
活動状態維持のための、「燃料」が供給されるということである。


異星人共、地球は
ルーシュを集めるための家畜じゃね!!


101_1280-800.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/990-2c125c78