宮下文書 

宮下文書の名前でてくるものは、
富士王朝の初代皇帝ウガヤフジアハス。
ウガヤフキとウガヤフジは、
別もの人物だろう。

ウガヤフジは…、
ナザレのイエスの可能性が高い。

ウガヤフジの本名が
言合命。
霊界物語でイエスの名前と似ている。

ウガヤフキ王朝が滅んだ関係か、
婚姻関係か知らないが、
ウガヤフジと命名している。

宮下文書は、あらすじの概要でしか
読んでないから詳しいことは不明。

ま、おおよそ、こんなもんだろう。





私もびっくりした 

私の前世が、ニギハヤヒと知り合いで
あった記憶はあったのだが、
生れ故郷がニニギに関係していたとは。
天孫降臨の土地は糸島。
天皇家の祖先は、ニニギと言われている。
皇族は九州出身とは知ってたが…。

ニギハヤヒの記憶から語ると、
日本は外国の侵略にあう場所であると。

福岡は、ニニギ、モンゴル襲来、天智、
防衛拠点として果たしてきたのだろう。

ニギハヤヒが猿田彦と変えて、
福岡、大分、宮崎。
二等辺三角形のレイラインを
形成し、魔方陣をしてきたからである。

さらに、調べたら祟神天皇も関係している。
糸島にニニギに渡来し、
その子孫が祟神天皇の可能性が高い。

筑紫王朝の初代皇帝が祟神天皇。


ニニギ 

私の生れた土地がニニギと関係している。
調べたら、倭国九州王朝の場所。
私はニニギとスサノオに関係している。

私の前世の記憶から
関連していると思われる人
ニギハヤヒ、
ニニギ、
菅原道真

初代皇祖神の一族だったりして(^_^;)

天孫降臨 

天孫降臨とは
ニニギとニギハヤヒが関係している。。
外国の侵略にともない、
ニニギは、富士王朝から
筑紫=福岡に降臨する。
このときに、
猿田彦とはニギハヤヒのことだが、
道案内を果す。
初代九州王朝は、
ニニギが建設したと思われる。
その妻がコノハナサクヤヒメ。

福岡て、天孫降臨の場所になったとこじゃん。
まじ、パネー。
糸島が天孫降臨の土地とされているが、
君が世は、九州王朝を称える歌て。

宮崎と大分の天孫降臨、
イザナミとウガヤフキが関係している。

天孫降臨説は、"全て"正しい。

ニギハヤヒは、
どこの王様ヽ(´o`;。
やっぱり、奈良か?

私の前世は、
ニギハヤヒとニニギに関係しているな。
ま、だいだい、予測はできるが…。

神武天皇と知り合うし、
これはwww。



クニトコタチ 

クニサツチが天照=富士
クニトコが豊受=飛騨。
富士王朝の初代がクニトコ。
クニトコの娘がイザナミ。

ウガヤフキグループと婚姻関係となる。
あーなるほどね。
飛騨の口碑とやらは、
イザナミの婚姻で自分たちの歴史と
認識している。

アマ族は、
クニトコタチ、
クニサツチ、
ウガヤフキ、
フツの四人が出発したんだ。
四人だから、四天王か…。

[天皇霊を特定しましたd=(^o^)=b]